三田紀房の年収は?家族や子供や経歴は?作画の外注化で業界を改革?

人気漫画家の三田紀房さんってご存知ですか?

「ドラゴン桜」、「アルキメデスの大戦」、投資漫画「インベスターZ」などが知られていま

すよね。

「個性を捨てろ!型にはまれ!」など著書も数多く出版されています。

7月16日(月)「WBS ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)23:15~に

三田紀房さんが出演します。

ビジネス番組に漫画家が?と思われるかもしれませんが、「インベスターZ」のように投資漫

画がビジネスマンに人気があります。

そしてドラマ25「インベスターZ」(テレビ東京)が7月13日(金)24:57~始まりま

した。

「アルキメデスの大戦」の映画化が決定!

山崎貴監督、菅田将暉主演で来年夏公開予定です。

三田さんといえば、「週休3日」や「残業ナシ」、「作画の完全外注」など、漫画業界の常識

を覆す改革も行っています。

「週休3日」や「残業ナシ」なんて、普通のサラリーマンの世界でも中々あり得ないのでとて

も興味ありますよね。

今回はこんなことが出来る三田紀房さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

三田紀房のプロフィール


三田紀房のプロフィール

みた のりふさ

漫画家

1958年1月4日生まれ60歳

岩手県北上市出身

血液型B型

明治大学政治経済学部卒

主な作品

(漫画)

「インベスターZ」「ドラゴン桜」「アルキメデスの大戦」「砂の栄冠」「銀のアンカー」

「マネーの拳」「クロカン」「甲子園へ行こう!」「エンゼルバンクードラゴン桜外伝」など

(著書)

「個性を捨てろ! 型にはまれ!」「ここ一番に強くなれ!」「汗をかかずにトップを奪え!」

「会社に左右されない仕事術」「成功の五角形で勝利をつかめ!」「売れ残る時代の転職術」

「プレゼンの極意はマンガに学べ」など

政治経済学部出身なので投資漫画や著書も出されているんですね。

野球漫画も多いですよね。ほんと幅広いです。

【在庫あり/即出荷可】【新品】インベスターZ (1-21巻 全巻) 三田紀房先生描き下ろし全巻収納BOX付 全巻セット

価格:12,957円
(2018/7/15 15:19時点)
感想(0件)

【在庫あり/即出荷可】【新品】ドラゴン桜 (1-21巻 全巻) 三田紀房先生描き下ろし全巻収納BOX付 全巻セット

価格:11,874円
(2018/7/15 15:21時点)
感想(0件)

三田紀房の漫画は100万部も売れてるらしいけど年収は?


三田紀房の漫画は100万部も売れてるらしいけど年収は?

三田紀房さんは連載中の漫画や、単行本、著書や講演会などもやられていらっしゃるので、

かなりの収入がありそうです。

連載中の漫画の収入は比較的安い相場のようですが、(個人差はありますが1ページ当たり

¥8000位が相場のようです。)単行本の印税が大きいようです。

皆さんもご存知のように単行本の印税は10%。

漫画はアニメ化や、ドラマ化、パチンコ化、グッズ化されたり、とすべて当てはまるわけでは

ありませんが、その他講演会などのギャラなど、色々考慮すると、1億円を超えるのではない

かと推測されます。

7月13日からも実写版のドラマ「インベスターZ」が始まったばかりですし。

かなり儲けていますよ!

三田紀房に家族や子供はいるの?

三田紀房に家族や子供はいるの?

ハッキリ言って今のところわかりません。

年齢が60歳なので奥様やお子さんがいても不思議ではないのですが、公式サイトやブログな

どでも公表されていないので、あえて出さない戦略なのかもしれません。

分かり次第報告しますね。

スポンサーリンク

三田紀房の経歴

三田紀房の経歴を紹介!

明治大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社しました。

しかし、1年後、衣料品店を経営している実父が経営不振の中、体調を崩してしまい、退職し

て実兄と実家のある岩手で家業を手伝い始めます。

2年後、実父が他界。挙句に多額の借金が明らかになり、資金繰りに苦しみます。

そんな中、マンガ雑誌で新人募集の広告を見つけ、賞金を得ようと漫画執筆を決意します。

義姉(実兄の妻)が村上もとかの妻と親交があった事から、取材で頻繁に岩手に来ていた村上

に作品を評価してもらいながら独学で作品を仕上げます。

30歳の時、講談社のちばてつや賞の一般部門に入選。

その後再上京を果たします。

漫画家としては遅いスタートでした。

アシスタントの経験もないそうです。

デビュー後はスポーツ漫画、特に野球漫画で頭角を表しますが、生活はギリギリの状態だった

ようです。

ある編集者の「アンケートで1位をとろう」という激励が転機となります。

自らアンケート結果などを研究し、「売れる漫画」のパターンを作り出します。

その後、2003年より「モーニング」で連載された「ドラゴン桜」が大ブレークし、講談社漫画

賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞します。

この作品は、テレビドラマ化され社会現象にもなりました。

その後、「マネーの拳」、「銀のアンカー」、「砂の栄冠」、「アルキメデスの大戦」などの

連載が始まります。

そして今回実写版のドラマ「インベスターZ」がテレビ東京で始まりました。


2006年には著書「個性を捨てろ! 型にはまれ!」を発刊。その後、「汗をかかずにトップを

奪え!」 、「成功の五角形で勝利をつかめ!」など、漫画と並行して出版されています。

とても精力的に活動されています。

菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」映画化決定!

ついに「アルキメデスの大戦」の映画化が決定!

監督は「永遠のゼロ」や東京五輪・パラリンピック開閉会式の演出を担当する山崎貴。

主演は「あゝ荒野」でおなじみの菅田将暉。

来年夏公開予定です。

待ちきれませんね!

アルキメデスの大戦 全巻セット (1-10巻 最新刊)/三田紀房

価格:6,218円
(2018/7/16 09:45時点)
感想(0件)


 

三田紀房は作画の外注化で業界を改革?絵が下手だから?

三田紀房は作画の外注化で業界を改革ということでも注目されています。

もちかしたら、絵が下手だという評判があるのでそれも関係しているのでしょうか?

三田さんは、漫画の絵を描く作業全部をデザイン会社に外注してしています。

背景だけではなく、人物もすべて外注に出してしまうのです!

それだと、三田紀房の作品といえるの?って思いますよね!

デザイン会社への外注システムを構築する為に、かなりの時間をかけて準備したらしいので

す。

外注スタッフには自分の絵の描き方を徹底的に教え込んで、それを忠実に再現できるレベルま

で引き上げたのです。

かなり大変な事ですよね。

三田紀房自身はシナリオを作って、構成まで。

作画は全部外注。

業務の効率化のために外注化を考えたそうです。

三田紀房は取材や物語づくりなどの必要な作業に自分の労力を集中したいようです。

そして、作画のためのアシスタントを雇うことで発生する労務管理なども必要がなくなるとい

う利点もあるようです。

コストがかかるのは承知の上。それは社会貢献と割り切っているようです。

漫画業界では、今までできそうで出来なかったことなので改革と言われてるんですね。

絵が下手という評判は関係なかったんですね。

ちびさんは漫画が結構好きなんで、ちょっと残念な感じがしますが、AI社会になっていくこの

ご時世、仕方ないことなのかもしれませんね。

まとめ

まとめです

7月16日(月)「WBS ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)23:15~に

三田紀房さんが出演します。

そしてドラマ25「インベスターZ」(テレビ東京)が7月13日(金)24:57~始まりま

した。

「週休3日」や「残業ナシ」、「作画の完全外注」など、漫画業界の常識を覆す改革も行って

います。

三田紀房さんについて調べてみました

三田紀房のプロフィール

三田紀房の漫画は100万部も売れてるらしいけど年収は?

三田紀房に家族や子供はいるの?

三田紀房の経歴を紹介

三田紀房の作画の外注化って何?

以上をまとめてみました。かなり興味深いですよね。

今回のテレビ出演たのしみです!

スポンサーリンク